« エゾユキウサギ | トップページ | 日本一の那智の滝 »

縄文杉

K201403014

2014年(平成26年)3月1日に、205円切手というのが発売されました。屋久島国立公園を描いています。この木は「縄文杉」というものです。

ところで、なんで縄文杉なんでしょう。

屋久島国立公園は鹿児島県にある国立公園で、屋久島と口永良部島で構成されます。一部の地域が世界自然遺産として登録されています。

縄文杉というのはこの切手の樹木につけられた固有名詞です。樹高は25メートルほどあり、屋久島の杉の中では最大のものです。樹齢ははっきりしておらず、縄文時代からあった古木であった可能性があるとのことで、この名前が付いたそうです。

縄文杉をのあるところまでは、麓から3時間くらいかかります。しっかりした装備と体力が必要ですね。

ストックフォトのなかに切手のデザインと構図がほぼ同じものがありました。(アマナイメージの写真)


■関連ウェブサイト

屋久島国立公園(環境省)
http://www.env.go.jp/park/yakushima/index.html

縄文杉写真(アマナイメージ)
https://amanaimages.com/info/infoRM.aspx?SearchKey=25488017298&GroupCD=0&no=


|

« エゾユキウサギ | トップページ | 日本一の那智の滝 »

「世界遺産」カテゴリの記事

「植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32032/59664112

この記事へのトラックバック一覧です: 縄文杉:

« エゾユキウサギ | トップページ | 日本一の那智の滝 »