« 富岡製糸所のキーストーン | トップページ | サイトウ・キネン・フェスティバルと小澤征爾 »

韓国の国花「ムクゲ」はどんな花?

K2015062202


日韓国交正常化50周年を記念した切手2種類が2015年(平成27年)6月22日に発行されています。

両方の切手にムクゲ(無窮花)とサクラ(桜)が描かれています。サクラは日本を代表する花として取り上げられています。ムクゲが韓国の花として取り上げられています。

日本では国花を正式に定めた法律はないそうです。韓国も事情は同じですが、国歌「愛国歌」の歌詞にはムクゲが入っています。

Hibiscus syriacus がムクゲの学名です。ムクゲはアオイ科に属する植物ですが、ハイビスカスもアオイ科の植物です。ハワイを代表する花と韓国の花は植物学的には近いのですね。

原産は中国と言われており、今では日本でも普通に見られる花となりました。樹高は1~2メートルと低く、園芸植物としては育てやすい方にあたります。

日韓国交正常化とは、「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」が1965年(昭和40年)6月22日に調印されたことによる国交正常化を指します。

1910年(明治43年)に日本は当時の大韓帝国を併合し日本の領土としていました。1945年の日本敗戦後9月8日からアメリカ軍による軍政が南朝鮮で始まり、1948年(昭和23年)8月15日に大韓民国として独立します。一方、日本も主権回復がなされるのは、サンフランシスコ講和条約が署名される1951年(昭和26年)のことであり、この講和条約には大韓民国は参加できませんでした。このため、国交正常化は二国間交渉によって行われることになりましたが、この交渉も1951年から10年以上にわたり続けられた長いものでした。

|

« 富岡製糸所のキーストーン | トップページ | サイトウ・キネン・フェスティバルと小澤征爾 »

「植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32032/61808874

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の国花「ムクゲ」はどんな花?:

« 富岡製糸所のキーストーン | トップページ | サイトウ・キネン・フェスティバルと小澤征爾 »