« れんこん | トップページ | 正倉院の宝物「鳥毛立女屏風」 »

「津波防災の日制定」切手になった「広村堤防」

K2015110501

「津波防災の日制定」という特殊切手1種類が2015年(平成27年)11月5日に発行されました。

津波といえば2011年3月11日の東日本大震災が生々しい記憶としてよみがえってくる方も多いでしょう。この切手のシート余白には以下のような文言が記載されています。これだけの説明文が記載されることは非常に珍しいことです。

津波対策の推進に関する法律により、広く津波対策についての理解と関心を深めるため、11月5日を「津波防災の日」として定めています。この日は、安政元年11月5日(旧暦)の安政南海地震による津波が和歌山県を襲った際に、稲に火をつけて、暗闇の中で逃げ遅れている人たちを高台に避難させて救った「稲むらの火」の逸話にちなんだ日です。切手は、津波の被害を受けてつくられた「広村堤防」の当時のイメージを題材としています。

(切手シートの文面)

安政南海地震も広村堤防も、多くの人にとってはあまり身近な存在ではありませんが、これらを調べてみることで、当時の津波災害に思いをはせてみました。

「津波対策の推進に関する法律」は東日本大震災の被害を教訓とすべく、2011年6月に制定され、津波防災の日とその日付11月5日は、法律の第15条で定められています。

東日本大震災のあった3月11日ではなく、なぜ11月5日が津波防災の日であるかの説明は法律には書かれていませんが、安政南海地震と「稲むらの火」の逸話に基づくものです。

安政南海地震は1854年12月24日(新暦)夕方に発生しました。マグニチュードは8.4 と言われ、震源は紀伊半島から四国沖、いわゆる南海トラフ地震でした。前日には安政東海地震が発生しており、2日後には豊予海峡地震が、翌年には安政江戸地震が続き、巨大地震が相次いでいた時期でした。

その後津波が襲い、場所によっては10メートルを超える津波被害が紀伊半島、四国にもたらされました。

「稲むらの火」の逸話は、現在の和歌山県広川町で、浜口梧陵(はまぐち・ごりょう 1820-1885)が津波襲来時に稲わらの堆積物に火を放ち、高台への避難誘導に貢献したことを指しています。この逸話は小泉八雲により「A Living God」として紹介され、その後中井常蔵により「稲むらの火」として書き直され、国語教科書(昭和12年~22年)に掲載されることになりました。

広村堤防は1854年の津波被害の再来に備えるため、浜口梧陵が私費を投じて進めた防浪堤防です。村の住人を労働者として雇用して、4年間にわたり進められた工事です。現在は国の史跡となっています。

切手のデザインは、 「稲むらの火」の逸話に登場する広村(ひろむら)堤防と説明されています。日本郵便のサイトでは以下の通り、説明があります。

紙芝居『津波だ!いなむらの火をけすな』(編集・発行/一般財団法人 都市防災研究所)の中から、津波の被害を受けてつくられた「広村(ひろむら)堤防」の当時のイメージを描いた場面を郵便切手のデザインとしています。

特殊切手「津波防災の日制定」の発行
https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2015/h271105_01_t.html

この紙芝居は、内閣府のウェブサイトからデータをダウンロードすることができます。紙芝居を見ると、16面の紙芝居のなかの15面目の絵が使われていることがわかります。紙芝居の作者は文章が桜井信夫さん、絵が藤本四郎さんによるものです。紙芝居が作成されたのは2005年(平成17年)ですが、その前年(2004年)12月26日には、マグニチュード9を超え、史上最大の津波被害のあったスマトラ島沖地震が発生しています。


●関連ウェブサイト

浜口梧陵伝
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/aiiku/hamaguti.htm

気象庁
http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/kunren/2014/tsunamibosai.html

稲むらの火の館
http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/inamuranohi/

内閣府防災担当
http://www.tokeikyou.or.jp/bousai/inamura-pshow-top.htm

|

« れんこん | トップページ | 正倉院の宝物「鳥毛立女屏風」 »

「災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32032/62632856

この記事へのトラックバック一覧です: 「津波防災の日制定」切手になった「広村堤防」:

« れんこん | トップページ | 正倉院の宝物「鳥毛立女屏風」 »