« 切手初登場の「迎賓館」 | トップページ | 秋田ポートタワーから見えるもの »

『窓ぎわのトットちゃん』に使われた「こげ茶色の帽子の少女」

K201601290101


いわさきちひろさんの代表作といえる「こげ茶色の帽子の少女」が切手に登場しました。2016年(平成27年)1月29日発行の『童画のノスタルジーシリーズ第2集』10種類のうち1種類です。

黒柳徹子(くろやなぎ・てつこ)さんの著書『窓ぎわのトットちゃん』(1981年発行)の表紙絵として使われました。この本は、大ベストセラーであったため、最も有名ないわさきちひろさんの絵ということになります。

黒柳徹子さんのベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』は、著者の小学校時代の思い出を記した自伝的小説で、元となる雑誌連載がありました。

講談社発行の雑誌『若い女性』(1982年休刊)に1979年~1980年に連載されていました。この連載時にも「ちひろ美術館」に通って、挿絵を選定されていたとのことです。

1981年に講談社から『窓ぎわのトットちゃん』が刊行されます。ちひろ美術館のウェブサイトによると

黒柳徹子は「窓ぎわのトットちゃん」第1回連載時、新しい学校、トモエ学園に向かった幼い日の自分に重ねて、この少女像を選びました。

とあります。連載時に使われた絵を、表紙の絵として改めて選んだことになります。

いわさきちひろ(1918-1974)と黒柳徹子は直接会ったことはないそうですが、いわさきちひろ訃報記事を聞いて涙したことがあるそうです。

●関連ウェブサイト

ちひろ美術館「美術館だより No.172
http://www.chihiro.jp/enjoy/pdf/pdf_tokyo/tokyo172.pdf

切手太郎「いわさきちひろさん」
http://kitte.cocolog-nifty.com/kitte/2014/09/post-4971.html

|

« 切手初登場の「迎賓館」 | トップページ | 秋田ポートタワーから見えるもの »

「文学」カテゴリの記事

「絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32032/63178508

この記事へのトラックバック一覧です: 『窓ぎわのトットちゃん』に使われた「こげ茶色の帽子の少女」:

« 切手初登場の「迎賓館」 | トップページ | 秋田ポートタワーから見えるもの »