« 東京タワー | トップページ | 松竹梅 »

「わぶみ」はがきの「ヤマトナデシコ」に隠し絵が

H20150918


2017年(平成29年)6月1日から、郵便料金が値上げされ、はがき料金は52円から62円になります。(往復はがきも104円から124円になります)

このため、52円の額面の切手・はがき類は、6月1日以降はおそらく販売が停止されるはずです。コレクションとしてお求めでない方は、お早めに手配ください。今回ご紹介するのは、2015年(平成27年)9月18日発売の「わぶみ」です。

はがき料金より高い60円で販売され、発売地域は東京都内のみですが、通信販売(切手SHOP)でも購入可能です。和紙風の表面加工をした厚手の用紙を使用しています。

切手部分(料額印面)のデザインは、「大和撫子」(ヤマトナデシコ)とされていますが、正規の名前ではありません。

和名「カワラナデシコ」(学名 Dianthus superbus ) の別名として単に「ナデシコ」と呼ばれたり、「ヤマトナデシコ」と呼ばれるそうです。本州以西、日本以外でも中国・朝鮮半島に分布しています。6月から9月が花期。秋の七草のひとつでもあったのですが、園芸用としては今日ではメジャーなものではなくなっています。河原に自生する植物ですが、地方自治体によっては絶滅の恐れがある品種として登録されています。

さて、年賀はがきの切手部分(料額印面)に、隠し絵などが仕掛けられている、と話題になりますが、この「わぶみ」にもよく見るとデザイナーの「いたずら」が隠されています。お判りでしょうか。

中央に筆が、左上にペン先、左下には鉛筆が隠れています。

値上げ後に、62円の「わぶみ」が発売されるかどうかはわかりませんが、52円の「わぶみ」6月になったら販売されなくなるのは間違いないでしょう。

|

« 東京タワー | トップページ | 松竹梅 »

「はがき」カテゴリの記事

「文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32032/64795530

この記事へのトラックバック一覧です: 「わぶみ」はがきの「ヤマトナデシコ」に隠し絵が:

« 東京タワー | トップページ | 松竹梅 »