« 沖縄の空手切手「組手」 | トップページ | 鎌倉の「あじさいポスト」 »

沖縄の空手切手「ナイハンチ」

Ok19641005

2020年東京オリンピックの追加競技として「空手道」が選ばれました。この空手(からて)は、沖縄で発達した武術で、アメリカ占領下の琉球切手で3種類の空手切手が発行されています。

この中から、「ナイハンチ」の切手(1964年10月5日発行)をご紹介します。ナイハンチって何でしょう?

ナイハンチは空手の「形」の一つで、沖縄では、基本の形として教えられてきました。切手になったのはこの「基本の形」だったためなのだと思います。

現在の空手道でも「形競技」があり、糸東流(しとうりゅう)の形に「ナイファンチン初段」「ナイファンチン2段」「ナイファンチン3段」の3つの形があります。

沖縄の空手シリーズ切手はこの3種類ですべてです。形、組手、鍛錬の3つから1つずつ取り入れたことがわかります。

|

« 沖縄の空手切手「組手」 | トップページ | 鎌倉の「あじさいポスト」 »

「武道」カテゴリの記事

「空手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32032/65130225

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の空手切手「ナイハンチ」:

« 沖縄の空手切手「組手」 | トップページ | 鎌倉の「あじさいポスト」 »