« 4万発を打ち上げる諏訪湖の花火 | トップページ | 高台寺 »

神戸ポートタワー

K2017060902


特殊切手シリーズ「日本の夜景シリーズ 第3集」が2017年(平成29年)6月9日に10種類発行されました。中部・近畿地方の夜景が紹介されていますが、兵庫県からは「メリケンパーク」が選ばれています。

切手の写真は港を挟んで西側の高浜岸壁から撮影されたもののようです。

左側のタワーが「神戸ポートタワー」(108メートル 1963年竣工)、右側のビルは「ホテルオークラ神戸」(135メートル 1989年竣工)、ホテルオークラの手前にあるのが「神戸海洋博物館」(1987年竣工)です。

神戸ポートタワーは、神戸市中央区にある観光用のタワーで、神戸港開港90周年記念事業として計画され、1962年(昭和37年)に着工しました。設計は日建設計、施工は大林組により実施され、世界初のパイプ構造によるタワーでした。中央がくびれているように見えますが、パイプ自体はまっすぐで、すべてが斜め方向に延びているため、鼓のようなフォルムを実現しています。タワーは、1995年の阪神淡路大震災にも耐え、現在は登録有形文化財でもあります。

神戸海洋博物館は、1987年(昭和62年)に神戸港開港120周年記念事業としてオープン。600円(大人料金)で、川崎重工のある「カワサキワールド」と一緒に参観できます。さらに、神戸ポートタワーと一緒に入場できる共通券が1000円(大人)です。前身は1962年に開設された神戸国際港湾博物館です。

神戸ポートタワーの立っていた「中突堤」と「メリケン波止場」の間を埋め立ててメリケンパークが1987年に造成されました。埋め立てられる前の神戸ポートタワーの様子は、1967年(昭和42年)発行の「国際港湾協会総会」切手で見ることができます。

●関連ウェブサイト

大林組
https://www.obayashi.co.jp/history/columns/back003

日建設計
http://www.nikken.co.jp/ja/work/solution/ndvukb00000054fd.html

神戸ポートタワー
http://www.kobe-port-tower.com/

神戸海洋博物館
http://www.kobe-maritime-museum.com/

K19670508


|

« 4万発を打ち上げる諏訪湖の花火 | トップページ | 高台寺 »

「建物」カテゴリの記事

「観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32032/65599137

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸ポートタワー:

« 4万発を打ち上げる諏訪湖の花火 | トップページ | 高台寺 »