« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

日本切手初登場の「東山魁夷」

K2019092003記念切手「日本芸術院創設100周年」10種類が2019年(令和元年)9月20日に発行されました。その中の1枚をご紹介します。

意外なことに東山魁夷の作品が日本の切手に取り上げられたのは初めてです。

続きを読む "日本切手初登場の「東山魁夷」"

| | コメント (0)

290円切手「中禅寺湖と男体山」のビューポイント

K20190820052019年(令和元年)10月1日から値上げされる郵便料金に合わせて、速達料金用の290円切手が8月20日に発行されました。デザインは「日光国立公園(中禅寺湖と男体山)」です。

日光国立公園は、福島県、栃木県、群馬県の3県にまたがる国立公園で、1934年(昭和9年)に12月に指定された、昔からの国立公園です。ユネスコの世界文化遺産「日光の社寺」もこの国立公園のエリアに含まれています。

切手のタイトルに示されているとおり、描かれているのは中禅寺湖と男体山なのですが、どこから見た景色か調べてみました。

 

 

続きを読む "290円切手「中禅寺湖と男体山」のビューポイント"

| | コメント (0)

320円切手「瀬戸内海の島々」はどこからの景色なの?

K20190820062019年(令和元年)10月1日から値上げされる郵便料金に合わせて、簡易書留用の320円切手が8月20日に発行されました。デザインは「瀬戸内海国立公園(瀬戸内の島々)」です。

瀬戸内海国立公園は、第二次世界大戦前の1934年(昭和9年)に指定された日本最初の国立公園の一つです。 瀬戸内海という内海に面する1府10県(大分県や福岡県、大阪府も含んでいます)にまたがる広大なエリアを誇ります。

瀬戸内海国立公園の見どころの一つが、切手にも登場した「多島海景観」です。左上の方には小さく橋が見えますね。こういう景色は大好物です。

続きを読む "320円切手「瀬戸内海の島々」はどこからの景色なの?"

| | コメント (0)

サンゴ礁の切手

K20190820042019年(令和元年)10月1日から値上げされる郵便料金に合わせて、定形外(150グラムまで)用の210円切手が8月20日に発行されました。デザインは「西表石垣国立公園(海中のサンゴ)」です。

西表石垣(いりおもていしがき)国立公園は、沖縄県の八重山諸島にある西表島と石垣島を範囲とする、日本の国立公園では最南端の国立公園です。沖縄が日本に復帰した1972年(昭和47年)5月15日に、「西表国立公園」として指定され、2007年(平成19年)8月1日に石垣島に範囲を広げ現在の名称となりました。

西表島と石垣島の間にある石西礁湖(せきせいしょうこ)は日本最大のサンゴ礁海域で、サンゴの種類としても380種類はあるとされています。

続きを読む "サンゴ礁の切手"

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »